男子

boy-tennis1-640 boy-tennis2-640

活動場所

部員数

 テニスコート(プール側) 1年生: 2   2年生: 9   3年生: 8   合計: 19
                 

普段の活動

               
平日:コートで球出し中心の練習。試合が近いときはラリー中心の実戦形式練習。
休日:室根コートや千厩町にあるテニスコートで練習することが多い。部内戦も基本的に月1で行う。練習試合は月に2回程度。

成績・記録

平成27年度部活動戦績

■県及び地区総体
<県総体>
【団体】1回戦敗退
【個人】シングルス:ベスト16 東男/ダブルス:ベスト16 熊谷慎・丹野格ペア

■県新人大会
<県新人>
【団体】第3位
【個人】シングルス:ベスト16 東男、村上卓弥/ダブルス:ベスト8 東男・村上卓弥ペア

■その他
<国体選考会少年男子の部>
シングルス:ベスト16 東男
<宮城県民体育大会ジュニアの部>
シングルス:ベスト16 東男/ダブルス:ベスト16 東男・村上卓弥ペア
<夏季ジュニアテニス選手権>
男子シングルス:ベスト16 東男
<冬季ジュニアテニス大会>
シングルス:8位 東男/ダブルス:ベスト8 東男・村上卓也ペア

 

 メッセージ

テニス部は大会が非常に多く、しかも全選手が出場できる県大会が5回あります。
さらに地区大会も盛んなので、月に1回は試合があると言ってもいいくらいです。
やる気のある人はぜひ入部してください。
あなたも錦織圭を目指しましょう!

 

 

 

女子

H25県新人団体準優勝 編 H26県新人団体ベスト8 編 サーヴィスエース 編 ダブルハンドのフォア強打 編 パワーポジション 編 円陣 編

活動場所

部員数

テニスコート(プール側人工芝)H26年10月からH27年5月まで

改修工事の為しようできませんが、大曲など近隣のコートで活動

します。

1年生: 5   2年生: 6   3年生: 2   合計: 13
                 

普段の活動

               
平日:火、木は大曲で練習。他は学校で素振りやトレーニング。休日:工事期間中は、唐桑・室根・千厩・一関のコートで練習します。練習試合は、県内外のチームとほぼ毎月実施しています。

成績・記録

平成27年度部活動戦績

■第37回東北ジュニアテニス選手権大会
【女子U16】
シングルス出場 小松希衣
ダブルス出場  小野寺りほ・小松希衣ペア
■県及び地区総体
<県総体>
【団体戦】2回戦
【個人戦】シングルス:ベスト32 三浦果歩、吉田実央、鈴木菜々
     ダブルス: ベスト32 三浦果歩・鈴木菜々ペア、小野寺りほ・小松希衣ペア
 

■県新人大会
<県新人>
【団体戦】第3位
【個人戦】シングルス:ベスト32 吉田実央
     ダブルス :ベスト16 吉田実央・及川萌ペア
 

■その他
<国体選考会少年女子の部>
シングルス:ベスト32 小松希衣、櫻田実希
<宮城県県民大会テニス競技ジュニアの部>
シングルス:ベスト16 小松希衣  ベスト32 吉田実央
<夏季ジュニアテニス選手権>
シングルス:ベスト32 吉田実央、小松希衣
<冬季ジュニアテニス大会>
シングルス:ベスト32 吉田実央、小松希衣、櫻田実希、小野寺りほ
ダブルス :ベスト16 吉田実央・及川萌ペア

 女子テニス部からのメッセージ

 硬式テニスはポイントランキング制をとっている為、県レベルの大会が多く出場機会に恵まれています。テニス技術の習得に時間はかかりますが、あのきれいな黄色いボールを力強くヒットする感覚は、とても心地よくて一度コツを掴んだらやみつきになります。運動部は、どうしてもハードで苦しいイメージがありますが、テニスほど練習自体に楽しさを伴う競技はあまりないと思います。練習では、綿密な練習プランに基づき、先生や先輩から適切なアドバイスがあるので、毎日の練習の中で自分の成長を実感することができます。テニスは、5歳の子どもから70歳を過ぎても十分楽しめるスポーツであり、錦織選手の活躍に見られるように、ウインブルドンやオリンピックなど夢は世界大に広がっています。私たち女子テニス部は、旧鼎が浦高校の伝統(粘りのテニス)を受け継ぎながら、新しい時代に対応した(攻めのテニス)に進化しつつあります。かつては、高校総体団体3連覇、9年連続インターハイ出場を果たした時代もありました。今、気仙沼・南三陸地域は残念ながら明るい話題に乏しい状況にあります。地域を元気にする為にも、若い皆さんの活躍が、テニスを楽しむ気持ちで高い目標を持って、勉強と両立しながら新しい伝統を築いていくのも素敵なことだと思います。